あなたの大切な毛皮を少しでも高く買い取ってもらいませんか?高い値段で買い取ってもらうポイントとおすすめの毛皮買取業者を比較 ランキング形式で紹介します。

フェイクファー(偽毛皮)とリアルファー(本物皮)の違い

参考:http://xn--tor23rdep73d4xmhqaj72j.xyz/

皆さんは毛皮製品のファッションアイテムを持っていますか?本物の動物を使った毛皮製品は、それぞれ特有の匂いや手触りがあり、オシャレを気にする人なら1着は持っておきたいアイテムでしょう。

しかし本物の毛皮製品は価格が高いため手が出せず、フェイクファー(人工毛皮)で代用しているという人も少なくありません。この記事ではフェイクファーとリアルファーの違いについて解説します。

フェイクファーとリアルファーの違いは?

リアルファーはフォックス・ラビット・ミンクなど、本物の動物から採取した毛皮を加工して作られています。定期的なメンテナンスが必要な反面、元は生物である動物の皮ならではの手触りや暖かさを感じられるのが特徴です。

一方、フェイクファーはリアルファーに近いデザインや質感で作られていますが、原料に本物の毛皮は使われていません。基本は化学繊維や羊毛が中心です。価格がリアルファーよりもずっと安価なので、ファーを使ったアイテムのデザイン性と価格の両方を求める人に好まれています。

フェイクファーの材料

人工毛皮の原材料は衣類やアイテムによってさまざまですが、主流となっているのは以下のような素材です。

・化学繊維(ポリエステルなども含む)
・アルパカや羊の毛(羊毛)
・モヘア

本物の毛皮と比べて安価で耐久性が高く、加工もしやすいためあらゆるファッションで積極的に取り入れられています。コートやマフラーはもちろん、バッグやカーペットなど活用場面は多種多様です。なおフェイクファーは毛皮買取の対象とはならないので注意しましょう。

それぞれの特徴

毛皮とフェイクファーでは根本的に原材料が違うのですが、周囲から見れば慣れている人でない限り見分けはつきません。

今後フェイクファーのファッションアイテムを購入する人も多いと思います。ここでそれぞれの皮が持つ特徴をピックアップしておくので、リアルファーとフェイクファーの違いについて疑問が浮かんだときにご参考ください。

◆リアルファー
・原料は動物の毛皮
・毛皮特有の肌触りや質感を楽しめる
・定期的なメンテナンス・手入れが必要
・元となる動物によっては商品価格が高い

◆フェイクファー
・原料は化学繊維や羊毛
・毛皮に類似するファッションを手軽に楽しめる
・手入れなどが簡単で耐久性も高い
・毛皮より安価

ファッション性としてはどちらもそれぞれの魅力を持っているので、ご自身の趣向に合わせて使い分けるといいでしょう。

毛皮買取おすすめ高価買取ランキング!| TOPへもどる↑