あなたの大切な毛皮を少しでも高く買い取ってもらいませんか?高い値段で買い取ってもらうポイントとおすすめの毛皮買取業者を比較 ランキング形式で紹介します。

毛皮にタバコの臭いがついてしまったときの対処方法

考える女性

毛皮を扱う上で注意しなければならないのが「タバコの臭い」です。タバコの臭いは普通の衣服でも目立ちやすいですが、毛皮はとくにあらゆる匂いが付着しやすい素材になります。1度タバコの臭いが毛皮製品についてしまうと、天日干しをしてもなかなか落ちないことも多いので、できるだけ臭いがつく要因を回避しなければなりません。

とくに喫煙者本人の方や、家族・ご友人でヘビースモーカーな方がいる場合は要注意です。万が一毛皮にタバコや香水などの臭いがついてしまった場合は、自宅で行える対処を試した後、効果が薄いようなら専門業者に相談してみましょう。

このページでは毛皮にタバコをはじめとする「何かしらの臭い・匂い」が付着してしまったときの対処方法についてご紹介します。中古で購入した毛皮のにおいが気になる場合でも活用できる方法なので、ぜひ参考にしてみてください。

毛皮の保管方法によって知らない間に臭いがつく

毛皮をクローゼットから出して着るのは、年末から年始など寒い時期が基本になります。それ以外の時期は収納したままになると思いますが、保管状態や風通しが悪いとカビやほこりくささが目立つケースも少なくありません。

同時に喫煙者が家族にいると、その煙の臭いが毛皮についてしまうことも。たばこの臭いが一度毛皮についてしまうと、天日干しや消臭剤を使ってもなかなか落ちきらない場合もあるでしょう。

毛皮は他の衣類や繊維に比べて、臭いが残りやすい素材なのでとくに注意が必要です。

毛皮にたばこの臭いがついてしまったときの対処方法

どんなに注意をしていても、気が付いたときにはすでに臭いが毛皮に移ってしまっていたということもあるでしょう。そんなときは次の方法を試してみてください。

◆1~2日ほど天日干しする

衣類の臭いを取る方法として代表的な天日干し。毛皮の場合でも同様に天日干しで臭いが落とせる可能性があります。ただ天日干しでも臭いが落ちないケースもあるため、そのようなときは以下の対処を行ってください。

◆毛皮クリーニング店に依頼する

天日干しでもタバコや気になる臭いが毛皮から消えないのであれば、毛皮のクリーニングを専門に行っている業者に臭い抜きをお願いしましょう。毛皮の特性を理解した上で、最適な手段による脱臭を行ってくれます。

クリーニング料金は素材や毛皮の大きさによっても違いますが、相場としては5000~1万円ほどです。