あなたの大切な毛皮を少しでも高く買い取ってもらいませんか?高い値段で買い取ってもらうポイントとおすすめの毛皮買取業者を比較 ランキング形式で紹介します。

毛皮の保管方法について

虫眼鏡をみる女性

毛皮はもともと動物の身体を包んでいたものです。そのため一般的な化学繊維と比べると、ホコリやカビなどが発生しやすいため保管方法にも注意が必要になります。

基本的に冬場が着用期間となるので、それ以外の時期はクローゼットに収納する機会が多くなるでしょう。気に入って購入した毛皮が、翌年の冬にクローゼットから出してみたら「虫食いや色あせで劣化していた」というケースも少なくありません。

それほど保管方法に工夫が必要な素材なのです。仮に色あせや変色を起こしてしまっても、毛皮の染色業者に依頼すればある程度の修繕を行うことはできます。しかし、できることなら劣化をさせずに着用し続けたいですよね。そこでこのページでは毛皮の基本的な保管方法から、保管場所や環境における注意点についてご紹介します。

毛皮はデリケートな素材

毛皮は他の素材やレザー(革皮)と違って、可能な限り毛皮の手触りをそのまま残すように作られています。そのため、一般的な化学繊維で作られている衣服よりも扱いに注意が必要になるのです。

・スーツと同じように、外で着用したら帰宅後にホコリを落とす
・バッグの肩掛けなど一点に摩擦が集中するものは持たないようにする
・雨や雪で濡れたら、タオルなどで湿気を落として陰干しにする

保管に限らず、これらのポイントにも注意して毛皮を扱いましょう。

毛皮の保管方法

保管方法を間違えると、湿気などの関係で毛皮にカビが生じるケースもあります。クローゼットや保管箱など収納方法はどれでも構いませんが、収納時の注意点だけは守るようにしましょう。

◆クローゼットで毛皮を保管

もっとも多い保管方法がクローゼットへの収納です。毛皮をクローゼットで保管する場合は、カバーなどをつけず余裕を持った空間に吊るすようにしましょう。カバーをかけるとしてもビニールで包み込みタイプではなく、湿気を避けるために通気性が高いものを選びます。

◆保管箱に入れて保管する

木製の保管箱などに入れて保管する場合は、あまり圧迫しないように白布などでふんわり保管しましょう。

◆保管専門の業者に委託する

毛皮は保管状態の影響を受けやすいため、可能であれば衣類の保管サービスを提供している業者に預けておくことをオススメします。素材ごとに最適な環境下で保管・管理をしてもらえるので、着用時期になって引き取りに行けばすぐに着ることができます。

保管業者に依頼すると多少の費用は掛かりますが、自宅の保管が原因で毛皮に修繕などが必要になったら、それ以上のコストになってしまうでしょう。結果的には業者に依頼した方がコストパフォーマンスも高いのです。

毛皮買取おすすめ高価買取ランキング!| TOPへもどる↑