あなたの大切な毛皮を少しでも高く買い取ってもらいませんか?高い値段で買い取ってもらうポイントとおすすめの毛皮買取業者を比較 ランキング形式で紹介します。

毛皮の染めなおしについて

ペンを持つ女性

毛皮製品は長く愛用していると、汗などの要因で黄ばみや変色を起こすことがあります。時間の経過とともに色あせが進行するため、購入した頃の色合いを取り戻したいと考える毛皮愛用者は少なくありません。

一般のクリーニング店でも対応できないケースが多く、諦めている人も多いと思います。そんなときは、毛皮の染め直し(染色)専門業者に相談してみるといいでしょう。毛皮の染色業者は毛皮の黄ばみや色あせを本来の色合いに戻す技術を持っており、一般のクリーニング店では対応できないケースでも対応してもらえます。

専門技術によって染め直しを行うことで、新品で購入したかのような色合いを取り戻すことも可能です。このページでは、そのような毛皮の染め直し(染色)についてご紹介します。

汗による変色でも元通りになる可能性はある

毛皮は汗や直射日光などの影響から、ひどく黄ばんだり色褪せたりします。これは単純な汚れではなく、繊維レベルでの現象なのでドライクリーニングや一般のクリーニング店ではなかなか対応してもらえません。

革製品でも同じで、レザーの色落ちは毛皮愛用者の悩みの1つです。長年愛用していた毛皮やレザーの衣類が、翌年に劣化して見るも無残な姿になっていたらショックも大きいでしょう。そのようなとき、毛皮や皮のリフォームや修繕を専門にしている業者に依頼すれば、元来の美しい色合いと質感を取り戻してくれるかもしれません。

市販でも革製品用の塗料が売られていますが、技術的に「自分でやるのは怖い」と感じる人も多いと思います。お気に入りの毛皮を染め直ししたいと思ったら、まずは専門業者に相談してみるようにしましょう。

毛皮の染め直しにかかる費用

染め直しに必要な費用は、業者や依頼する毛皮製品にもよります。作業が必要な範囲や人員によっても異なってくるので、一概に金額は断言できません。ただ、一般的な相場で言うと1万円から毛皮の染め直しを行っている業者が多いです。

地域や経営方針・サービス内容もそれぞれなので、あくまで目安ですが参考にしてみてください。

なお染め直しの依頼を行って戻ってくるまでの期間に関しては、そのときの混雑状況次第となります。緊急で対応してほしい場合は、各自で毛皮・革染色業者に相談してみましょう。

店舗によっては対応してくれるかもしれません。また染色に限らず、擦り切れやデザインの変更などさまざまな要望に応えてくれるので、いっそ毛皮アイテムの外観をまるごと変更してしまうのも面白いのではないでしょうか。

毛皮買取おすすめ高価買取ランキング!| TOPへもどる↑