あなたの大切な毛皮を少しでも高く買い取ってもらいませんか?高い値段で買い取ってもらうポイントとおすすめの毛皮買取業者を比較 ランキング形式で紹介します。

毛皮の買取の際のポイント

電卓とお金

実際に毛皮を買取店に売るとき、少しでも高く買い取ってほしいですよね。基本的には毛皮市場の相場に照らし合わせた査定額が付けられます。買取店ごとの査定基準はありますが、一般相場からかけ離れた金額になることはないでしょう。その中で買取を依頼したときにチェックしておくべきポイントがいくつかあります。

このページでは、毛皮を業者に買取してもらう際のポイントについて解説しましょう。

何の動物の毛皮でどんなアイテムか

毛皮製品で特に高く買い取ってもらえるのはロングコートです。ロングコートは毛皮の面積が広く、防寒具としての実用性にも優れています。そこからショートコート・バッグ・マフラー・帽子など、小物系が中心になっていくのが一般的です。手持ちに不要な毛皮のロングコートやショートコートがあれば、積極的に査定してもらうと高値が付けられやすいでしょう。

使われている毛皮が何の動物かによって査定額が変動するのはもちろん、アイテム自体が何かによっても相場は異なります。

査定対象の毛皮は何点あるか

毛皮買取店はお客さんから買い取った毛皮に、自分たちの利益を上乗せして再販するのが基本です。

つまり査定から買取までが仕入れと同じ意味を持っています。そのため買取の際には毛皮の品数が多いほど割増で買い取ってもらえる可能性が高くなるのです。1点や2点だけでなく、5~10点など不要な毛皮が沢山あるのであれば、小分けにせずまとめて査定に出したほうがいいでしょう。品数が多いほど買取金額が割増されるのは、原則どの毛皮買取業者も変わりません。

いくつかの業者で買取価格を比較する場合でも、複数ある毛皮は一括で査定に出しましょう。両社の査定額を比較し、片方の金額をもう片方に提示して買取金額の増額を交渉するというのも不可能ではありません。

毛皮買取業者にとって、良質な毛皮を大量に仕入れるためなら多少の割増には対応しても再販して利益は出せるからです。

毛皮の劣化や保存状態はどうか

手持ちの毛皮が汚れていたり、ほこりをかぶっている場合はある程度クリーニングをしてから査定に持ち込むようにしましょう。ただ、水で洗ったりクリーニング屋に出したりすると、逆にダメージを与えてしまう可能性もあります。

自宅でのブラッシングや乾拭きで取れないような汚れがある場合は、そのまま査定するか毛皮専門のクリーニング店に相談するといいでしょう。

毛皮買取おすすめ高価買取ランキング!| TOPへもどる↑