あなたの大切な毛皮を少しでも高く買い取ってもらいませんか?高い値段で買い取ってもらうポイントとおすすめの毛皮買取業者を比較 ランキング形式で紹介します。

毛皮を着る時期

考える女性

ファッションとして毛皮を楽しむ時期と言えば、本格的に寒くなってくる12~2月が中心となります。それ以外の時期でも着用はできますが、その場合コートではなくマフラーや帽子などアクセサリー系のアイテムになるでしょう。

ただ毛皮は元々動物の身体を覆っていた皮膚なので、他の素材に比べるとメンテナンスの必要性が高いアイテムです。まだ暑い時期に無理に毛皮アイテムを着てしまうと、汗や直射日光などで毛皮を痛めてしまう可能性もあります。このページでは毛皮を着るのに適した時期や、それ以外の季節でも毛皮を楽しむための方法についてご紹介しましょう。

毛皮を着る時期は何月くらい?

毛皮は他の防寒具と比べても非常に保温性が高い素材です。ちょっと肌寒いくらいの気温では逆に暑くなってしまう可能性が高いため、本格的に着用するのは12月~2月という人が多くなります。

とくに毛皮は見た目の印象的にも「分厚くて温かそう」という風貌のファッションなので、余計に着用できる時期が限られてくるのです。また素材自体も汗などで劣化する可能性があるため、暑い時期や本格的に寒くなる前の季節に着るのはあまりオススメできません。

オシャレを気にする人の場合、着用するファッションの季節感も大切にするのでなおさら時期は選ぶケースが多いです。

春や夏でも着られる毛皮はある?

温かい時期にでも毛皮を着たい!と思う毛皮愛好家の人も少なくありません。しかし動物の毛皮はその特性上、寒い時期以外に着用して出かけるのは難しいでしょう。一部のファッションモデルなどが、春先でも薄めの毛皮を羽織って出かける様子が話題になることもありますが、一般的にはあまり推奨されません。

どうしても毛皮を冬場以外に身につけたいのであれば、ピアスやストラップなどアクセサリー関連の毛皮アイテムを選ぶといいでしょう。最近は衣類や防寒具以外にも、毛皮を使ったアクセサリーが多くなっています。

着ない期間の毛皮は正しく保管

夏や梅雨など、毛皮を着ない時期はクローゼットに保管する人がほとんどだと思います。このとき、湿気によるカビや変色などには十分注意してください。毛皮は他の素材に比べてカビや変色が起こりやすく「1年後にクローゼットから出したら、とても着れる状態じゃなかった」というケースも少なくありません。

クローゼットや保管箱で保管するときは、カバーなどを被せず十分な空間を確保して湿気が籠らないようにしましょう。

毛皮買取おすすめ高価買取ランキング!| TOPへもどる↑

おすすめ毛皮買取
バイセル