あなたの大切な毛皮を少しでも高く買い取ってもらいませんか?高い値段で買い取ってもらうポイントとおすすめの毛皮買取業者を比較 ランキング形式で紹介します。

熊の毛皮について

電卓とぺんとグラフ

毛皮というとフォックスやミンクというイメージが強いですが、じつはそれ以外の動物でも毛皮製品は作られています。

アザラシなどの水生生物はもちろん、トラや熊なども毛皮が再利用される動物の一例です。世界三大毛皮と比べるとアパレルとして浸透はしていませんが、入手しようと思えばすぐに手に入ります。

衣類として作られた商品はほとんどありませんが、インテリアとしては密かに人気を集めている毛皮です。このページでは一般的には知名度が低い「熊の毛皮」についてご紹介します。フォックスやミンク・セーブルと比べて価格も安く、絨毯やキッチンマットなどのインテリアとしてはユニークなアイテムです。

熊の毛皮もインテリアやファッションに用いられている

あまりファッション店などに並ぶことはありませんが、熊の毛皮はインテリアやアパレルのアイテムとして一部の愛好家に人気があります。そもそも販売しているショップが限られるため、積極的に探さなければ目にする機会も少ないです。

熊の毛皮の用途としては、基本的にカーペット・ラグ・インテリア・剥製などが中心となります。他の毛皮みたいに防寒具として用いられるケースは稀です。

熊の毛皮の価格相場

市場自体が小さいためやや不明瞭ですが、熊の毛皮の相場は5~7万円前後です。熊自体の大きさにも比例してくるので一概には断定できませんが、概ねこの金額幅で取引されています。

中古もいくつか出品されていることがあり、その場合は2~3万円前後で購入できます。フォックス・ミンク・セーブル・ラビットなど、毛皮市場で主流となっている毛皮に比べると段違いに安い素材です。毛皮の独特な雰囲気やにおい・手触りは熊の毛皮にも当然あるため、毛皮に興味がある人は検討してみてはいかがでしょうか。

熊の毛皮を入手する方法

熊の毛皮は有名ブランドなどでは取り扱われていません。また毛皮専門サイトなどでもほとんど販売されていないので、マニアックな毛皮を専門に取り扱うサイトや店舗から購入するのが主な購入経路になるでしょう。

中古であればヤフオクやフリマアプリなどでも出品されているので、比較的容易に入手できると思います。

ただネットで購入する場合はサイズ感などが掴みにくいので、どの程度の大きさが欲しいのかを事前に確認しておくようにしましょう。仮に絨毯やラグとして使うのなら、それを敷く場所の広さを測っておくのも1つの方法です。

毛皮買取おすすめ高価買取ランキング!| TOPへもどる↑